TikTok広告アイキャッチ

TikTok広告の基本。始め方〜種類まで徹底解説

月間消費時間がインスタグラム(Instagram)を越えたTikTok(ティックトック)。

現在多くの企業がTikTokで広告出稿をしており、今この波に乗らない選択は考えられないですよね?

しかしTikTokでの広告出稿は難しそうだし知識もないからやめておこうと思っている方も多いはず。

そこで本記事ではTikTokの広告出稿の始め方や広告の種類について詳しくご紹介します!

最後まで読むことで誰でもTikTokで広告出稿が出来るようになるため必見ですよ!

この記事で分かること
  • TikTokは外部拡散力が圧倒的で広告出稿に最適なSNS
  • TikTok広告は認知と関与を高められる
  • 運用型広告は費用に応じて広告効果が変動
  • TikTokらしさのあるクリエイティブが広告効果最大化に繋がる

TikTok広告とは

TikTok広告

TikTok広告とは、現在最も効果が期待できる広告の1つです。

理由として、TikTok自体がユーザーに与える影響が大きいことが挙げられます。

グローバルダウンロードランキングでは世界1位、日本国内での月間アクティブユーザーが1,800万人を突破するなどTikTokは多くのユーザーに利用されているSNSなのです。

また、Googleやインスタグラムは静止画での広告が多い中でTikTokは短尺縦長動画の広告のため、商品やサービス自体の理解促進にも繋がります。

TikTok広告6つのメリット

TikTok広告のメリット

なぜTikTokで広告を出稿するのでしょうか。

GoogleやYouTube、インスタグラムなど広告を出稿できる媒体は多くありますが、その中でTikTokを選ぶ理由は何でしょうか。

それは先程も述べたように、TikTokで広告を回すことによる圧倒的なメリットがあり結果に繋がるからなのです!

ここではTikTok広告のメリットを詳しく解説していきます!

TikTok広告のメリット

メリット1:高精度なAIアルゴリズム

TikTok広告のメリット1

TikTokでは

  • 年齢や性別、居住地などのデモグラフィックデータ
  • アプリ内でのいいねや保存のアクション傾向からわかる興味関心
  • ユーザーが置かれてる環境特性
  • 広告動画自体の特徴

を掛け合わせた情報をもとに、AIがおすすめに掲載するコンテンツを決定しています。

他のSNSと比べても高精度なAIであるため、ユーザーの興味関心に合った広告を配信できるのです。

メリット2:関与を高めることが可能

TikTok広告のメリット2

広告を回す理由として、企業や商品の認知拡大が多く挙げられます。

インスタグラムやYouTubeの広告はもちろん、テレビCMも認知拡大の目的で回されているものは多くあります。

TikTok広告は他の広告に比べて、認知拡大だけでなく関与の増加まで影響を与え、商品の購買に繋げることができます。

TikTok広告における関与とは、広告動画に対するコメントや広告の影響による口コミなどがあり、最大の関与は商品購買になります。

メリット3:コミュニティの醸成

TikTok広告のメリット3

TikTokで広告を回し多くの認知を獲得することで、企業や商品へのファンが少しずつ生まれます。

企業や商品についたファンは購買行動を起こすだけでなく、他者の購入を促すサポーターになるのです。

また、TikTokのコメント欄でユーザー同士が交流している場面を見たことがありますか?

ユーザー同士がコメント欄でコミュニケーションを取ることで、投稿者や動画以外の場面でも口コミが広がっていきます。

つまりTikTokの広告では、広告の数値結果では見えない部分にまで効果が出るというメリットがあるのです。

メリット4:興味を惹きやすい

TikTok広告のメリット4

TikTokを利用するユーザーの特徴で目的なく面白いものを探していることがほとんどであり、広告に対しての抵抗が薄いことが挙げられます。

例えば「この人の動画が観たい」「この商品についての動画を探している」と思っているユーザーに広告が表示されたらどうでしょうか。

表示された広告を鬱陶しいと感じるのではないでしょうか?

それに対して何となく面白い動画を探しているユーザーは、広告に対しての抵抗が薄いため興味を持ってもらいやすいのです。

メリット5:手軽なクリエイティブ作成

TikTok広告のメリット5

TikTok広告のクリエイティブ作成は他の広告と比べ圧倒的に手軽です。

公式に動画テンプレートや動画自動生成ツールが揃っていることは、他のSNS広告には存在しないメリットです。

また、商材に適したTikTokerを的確に選定することができれば、TikTokerにクリエイティブの作成を任せることで確実な広告効果を出すことができるのです!

TikTokerの選定に困ったら、日本初のTikToker分析ツール「A stream」を使ってTikTok広告を回してみるのはいかがですか?

日本初のTikToker分析ツール「A stream」について詳しく知りたい方はこちらの記事で書いているので、ぜひこちらもご覧になってください!

関連記事

デジタル化やSNSの普及に伴い、よく耳にするようになった「インフルエンサーマーケティング」。 主にSNS上で活躍するインフルエンサーの影響力を生かして、消費者の購買意欲に働きかけるマーケティング手法の一つです。 多くの企業や代理[…]

今なら7日間無料!月5万円でROAS1,000%越え!インフルエンサーマーケティングの常識を180度覆すA streamの正体とは?

メリット6:少額から高額まで費用が多様

TikTok広告のメリット6

TikTok広告はいくつかの種類があります。

その中で最も高額なものだと1,000万円から始めることのできる広告、少額のものだと2,000円から始めることのできる広告があります。

それぞれの広告の内容や効果は異なりますが、求める効果や予算に応じて使い分けることができるという部分は大きなメリットですよね。

TikTok広告は全部で8種類!

TikTok広告の種類・費用

TikTok広告は大きく純広告と運用型広告の2つに分けられます。

純広告は6つに、運用型広告は2つにさらに細かく分けることができます。

「いくつも種類があったら分かりづらい!」

と思っていませんか?

ここでは各広告ごとの特徴や費用を画像付きで分かりやすくご紹介します!

TikTok広告の種類

純広告

純広告を回すためにはTikTokを運営するByteDance社に問い合わせる必要があります。

費用は高額になりますが、運用型広告と比べて効果が出やすいのが特徴です。

Top View

TopView

(画像引用元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/7900/)

Top ViewはTikTok起動時に画面全体に飛び出してくる60秒以内の動画広告で1日1社限定です。

TikTok公式の調査データによると、ユーザーの71%がTop Viewに注目すると答えています。

さらに、TikTok以外のSNS広告を含めた広告エンゲージメント指標では、不快感レベルの低さや信頼性の高さなどの観点から総合1位を獲得しました。

(引用元:https://www.tiktok.com/business/en-US/blog/6-takeaways-from-our-latest-kantar-study

 

費用は750万円からと高額ですが、価格に見合った効果を出しやすい広告になっています。

起動画面広告

起動画面広告

(画像引用元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/3296/)

起動画面広告の仕組みはTop Viewと同じですが、掲載できるものが60秒以内の動画ではなく5秒の無音動画か静止画に限定されます。

Top Viewと仕組みが同じであるため、Top Viewと合わせて1日1社限定です。

掲載フォーマットが限定されるものの、アプリ起動時に確実に見られる広告であるため、認知獲得には大きな効果が期待できます。

費用は600万円からとTop Viewよりも少し安くなっています。

One Day Max

One Day Max

One Day Maxはアプリ内のおすすめフィード4投稿目に掲載される1日1社限定の広告です。

おすすめフィード内に掲載されることで、他の通常投稿に馴染み自然な形で興味を引くことができます。

One Day Maxはブランドや商品の認知拡大に向いており、通常の広告よりも広告感が薄いことが特徴です。

費用は330万円からになっています。

Brand Premium

Brand Premium

Brand Premiumはアプリ内のおすすめフィード130投稿以内に掲載される広告で、仕組みはOne Day Maxと同じです。

出稿金額によって掲載順位が変わるため、多くお金を払うことで高い認知を得ることができます。

また、おすすめフィードのどの部分に載るか分からない面はあるものの、Brand Premiumは細かいターゲティングが可能というメリットがあります。

費用は42万円からと純広告の中ではかなり安価に広告を回すことができます。

ハッシュタグチャレンジ

ハッシュタグチャレンジ

(画像引用元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/7125/)

ハッシュタグチャレンジは企業が独自のハッシュタグを作成する広告で、ユーザーの興味関心をもとにしたコンテンツがメインとなることが大きな特徴です。

ハッシュタグチャレンジでは、「参加してみたい」という感情がユーザーに生まれます。

「参加してみたい」と言う感情を誘発することができた時点でユーザーからの認知はもちろん、関与まで獲得することができているのです。

ユーザーがハッシュタグチャレンジに参加することで大量のUGCが生まれ、さらに多くのユーザーに届けることができます。

費用は1,000万円からとかなり高額ですが、費用に見合った効果は期待できます。

ブランドエフェクト

(画像引用元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/9577/)

ブランドエフェクトは、撮影時に使用されるエフェクトという加工技術を広告とするものです。

2D・3D・AR といった技術を用い、発信したい商品の機能やブランド世界観をエフェクトとして表現します。

具体的には、撮影の際に新作のアイシャドウやリップを顔に重ねるエフェクトを使用して、没入感のある体験をすることができます。

ブランドエフェクトによってオーガニックコンテンツの作成を推進することで、既存のファンを超えて広告効果を出すことができるのです。

費用は380万円からですが、上手く拡散に繋げることができればとても効果的な広告であると言えます。

運用型広告(インフィード広告)

運用型広告とはリアルタイムで予算やクリエイティブなど様々な変数を「運用」しながら、配信できる広告です。

インフィード広告という名前でも呼ばれ、おすすめフィード内に配信されるため通常のTikTok投稿との差が分かりづらいという特徴があります。

細かい数値をもとにした特徴を挙げると以下になります。

  • ユーザーの83%がTikTok広告を見て楽しいと感じている
  • テレビ広告より23%高い広告詳細記憶を達成
  • 4人に1人がTikTokの広告で見た商品を購入したり詳しく調べたりしている

(引用元:https://www.tiktok.com/business/ja/apps/tiktok)

Spark Ads

SparkAds

(画像引用元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/7900/)

Spark Adsは2021年7月20日にサービス提供開始したばかりの最も新しいTikTok広告です。

大きな特徴として、広告元の企業が動画視聴やコンバージョンなどの広告を回す目的に合わせて、既存のオーガニック動画を柔軟かつ効率的にブーストさせることが可能であることが挙げられます。

また、細かくターゲティングすることで狙った層にだけ届けることができる上、広告効果が低いものはすぐにストップすることができるのです。

つまりSpark Adsはコストパフォーマンスにかなり優れていると言えます。

費用は2,000円からと低価格で始めることができます。

Brand Auction

Brand Auction

(画像引用元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/4368/)

Brand Auctionはリーチをはじめとした広告効果を最大化する手段として2019年9月からスタートしたTikTok広告です。

「動画視聴数」もしくは「リーチ」という2種類の方法で広告を回すことができます。

「動画視聴数」は動画視聴数の最大化をするための機能で、2秒か6秒視聴されるたびに費用が発生する仕組みになっています。

「リーチ」は単純に広告が表示されるユーザーを最大化させるための機能で、広告が1,000回表示されるたびに費用が発生する仕組みになっています。

費用は広告の効果次第で変化してくるため一概には言えませんが、Spark Ads同様に最小で2,000円から始められると考えていいでしょう。

簡単2ステップ!TikTok広告の始め方

TikTok広告の始め方の見出し

SNS広告を始める時は複雑な設定などがあるため難しいと思っていませんか?

TikTok広告は大きく分けると2ステップで広告出稿のスタート地点に立つことができます。

広告の出稿方法は広告の種類によって変わってきますが、TikTok広告を始めるための準備は全て同じです!

今回はTikTok広告の始め方2ステップを画像付きで分かりやすく解説していきます!

簡単2ステップ!TikTok広告の始め方

①アカウント開設

まずはTikTok広告を始めるために広告主アカウントの開設を行いましょう。

1-1:本人確認

2ステップ!TikTok広告の始め方2

まず、TikTok広告のアカウント開設はTikTok For Businessのページから本人確認を行います。

メールアドレス(電話番号)、パスワード、認証コードを入力しアカウントの登録を行なってください。

1-2:必要情報入力

2ステップ!TikTok広告の始め方1

その後、会社名や通貨などの項目を入力画面で入力したら「登録」ボタンを押してアカウント開設完了です。

②広告主設定

TikTok広告のアカウント登録が完了するとアカウント設定の画面に移ります。

2-1:ビジネス情報入力

広告主設定1

ビジネス情報入力の欄は企業自体のURLやPRするブランドのURLを貼ってください。

2-2:住所入力

広告主設定2

続いて、住所や課税情報を入力しましょう。

2-3:残高の追加

広告主設定3

最後に残高の追加です。

クレジットカード情報などの入力画面ですが、後から入力することも可能です。

ここまでの設定を終えると、アカウント審査になります。

アカウント審査には早くて数時間、遅いと2,3営業日かかる場合があります。

ビジネスセンターについて

2ステップ!TikTok広告の始め方(ビジネスセンター)

ビジネスセンターとは、TikTok広告のアカウントを一括管理できるサービスです。

複数の広告アカウントを対象として、メンバーアカウントの権限や支払い情報を管理することができます。

広告代理店に依頼をするときや複数人で同じアカウントを管理するときは、ビジネスセンターを開設することが望ましいです。

広告効果を上げるためのマル秘テクニック3選

マル秘テクニック3選

TikTok広告を実際に出稿するとなった時、広告効果を最大化させたいのは当然ですよね?

では、どのように広告効果を最大化させるのでしょうか。

ここからはTikTok広告の効果を最大化させるためのマル秘テクニックをご紹介します!

広告効果を上げるためのマル秘テクニック3選

テクニック1:フォロワー数を気にしない

結論から言うと、TikTok広告にはフォロワー数は関係ありません。

TikTok広告で見るべきは、フォロワーの数よりも投稿クリエイティブの質や商材との相性です。

クリエイティブの質が低かったり商材との相性が悪かったりすると、どれほど有名なTikTokerを起用したとしても広告効果を出すことはできないのです。

ただし、TikTokにおけるフォロワーの多さはこれまでに質の高いクリエイティブを投稿してきたことの証明にもなるため、フォロワーの多い人のクリエイティブは質が高いことがほとんどです。

フォロワーは1つの要素ではあるものの、フォロワー数が多いから結果に繋がるだろうと考えるのは危険です!

テクニック2:広告色を無くす

TikTok広告マル秘テクニック2

インスタグラムやYouTubeで広告が鬱陶しいと感じられている理由の1つに広告色が強すぎることが挙げられます。

TikTok広告で鬱陶しいと感じられないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか。

それは、TikTokらしさのあるクリエイティブ作成です。

TikTokらしさのあるクリエイティブを作成する方法は、扱う商品や自社ブランドと世界観の近いTikTokerにクリエイティブを任せてしまうというものがあります。

ある程度の再生回数やフォロワーがいるTikTokerはTikTok動画のクリエイティブに関してのプロであると言うことができます。

そのため、扱う商品や自社ブランドと世界観の近いプロに任せることで広告効果が出ることは、当然ではないでしょうか。

テクニック3:PDCAを回す

pdca

TikTok広告に限らず、ビジネスにおいてPDCAを回す場面は多くあるのではないでしょうか。

その中でも、TikTok広告はターゲティングや広告運用がかなり幅広く自由自在に行えるため、PDCAを回すことによって企業の広告効果の最大化に繋がります。

そのためにも、広告自体の実行数や対策改善の検討数は多ければ多いほど結果に繋がるため、早いうちから始めて効果的なTikTok広告を目指していきましょう。

(PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Action(対策・改善)の仮説・検証型プロセスを循環させること。)

TikTok広告のまとめ

いかがでしたか。

本記事ではTikTok広告のメリットや特徴、効果最大化のためのテクニックを紹介してきました。

TikTok広告がどれほど広告として優れているか、分かっていただけたのではないでしょうか?

以下にポイントをまとめました。

  • TikTok広告は手軽なクリエイティブで大きな効果が期待できる!
  • 純広告は高価で結果が出やすい、運用型広告は安価で結果は運用次第で変わる
  • TikTok広告で結果を出すにはフォロワー数<クリエイティブの質

ぜひ企業やブランドの効果的な認知のために、TikTok広告を活用していきましょう!

フォロワーデータ分析でインフルエンサー マーケティングが変わる

日本初の機能多数搭載!デモグラフィック・サイコグラフィックでインフルエンサーを丸裸にアカウント検索可能!

TikTok広告アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
>【7日間無料で試せる】フォロワーデータ分析でインフルエンサー マーケティングの常識が変わる

【7日間無料で試せる】フォロワーデータ分析でインフルエンサー マーケティングの常識が変わる

デモグラフィック・サイコグラフィックでインフルエンサーを丸裸にアカウント検索可能! TikTok/Instagram/youtubeに対応!

CTR IMG